10年後のことを言ったら誰が笑う?

投稿者: | 2018年5月8日
Pocket

いつもご覧いただきありがとうございます。
あおもり働き方研究所の北です。

「来年の事を言えば鬼が笑う」ということわざがありますが、もし10年後のことを言ったら誰が笑うのだろうか。
ふとそんなことを考えてみました。
20代の時は、将来のことなんてあまり考えてなく、目の前のことで精いっぱい。
きっと会社を辞めて起業するなんて、米粒ほども考えてなかったはずです。
それが何の因果なのか、会社を辞めて起業してしまったのですから、人生って本当によく分からないものです。

2014年10月1日
それでも会社を辞めて起業するんだと決めた日、心の中で「青森県で働く人と企業の『働き方』を支える存在になりたい」と強く誓ったことは今でもよく覚えています。
これが私のビジョンとなりました。

そして時を経て、2018年7月28日
この度、青森県主催の「女性のためのキャリアビジョンセミナー」八戸会場でのロールモデルセッションでお話する機会をいただきました。
 

 

 

 

 

 

 

 

講師は株式会社Will Lab代表取締役の小安美和さん。
昨年の奥入瀬サミットでも登壇された方で、「女性×はたらく」をテーマに活動されています。
店舗のWILL GALLERYでは世界の女性が手作りで作ったアクセサリーやバックなどが販売されており、私もタイの農村女性が作ったナチュラルコットンのポーチを使っています。
実家の母に見せたら「優しい色合いで素敵ね」と言っていたので、今年の母の日プレゼントにしようと思っています。
奥入瀬サミットでのお話もとても興味深く、また聴きたい・喋りたいと思っていた矢先にこのお話を頂いたので、私自身もこの機会をすごく楽しみにしています。
「女性のためのキャリアビジョンセミナー」は、他にも青森会場(6月23日)、弘前会場(7月7日)でも開催されるとのこと。
それぞれの会場のロールモデルセッションで登壇される方も興味深くて、青森会場には一参加者として入ろうかなと思っているぐらいです。

女性の生き方は本当に様々です。
仕事はどうする?結婚する?子供は?正社員?非正規社員?
人生100年時代を生きる私たちには、「どう生きる?」「どう働く?」と考える時間が必要なのかもしれません。
セミナー詳細や申込方法については、青森県庁のホームページよりご確認ください。
10年後のあなたが笑って過ごせる。そんなきっかけになれば幸いです。
皆様のお越しをお待ちしております。